【2通目】占い師は実は、こんなズル〜いテクニックを使っていた!

こんにちは。

平山真人です。

【1通目】からダウンロードできるE-bookの中にある

「故事診断チャート」

はやってみてくれました?

(※こちらからダウンロードできます。)
http://mt-hy.com/wp-content/uploads/2017/03/07f8437ab837ac18cfd5be5e2d0ca2ac.pdf

最後まで質問に答えていくと、

「あなたには『儒家(じゅか)』の教えがいいでしょう、

たとえば、こんな言葉がありますよ」

といったアドバイスに導かれるんですけど、

そういうことを言っておきながらその後に…

「こういったものを信じすぎないで、

自分の頭で考えましょうね!」

といったメッセージが書かれているので、

「何だこりゃ?」

と、思われた方もいるのではないでしょうか?

^^;

 

今回はこのことについて、

もう少し詳しく説明していきますね。

 

占いや心理テストが大好きで、

好きどころか、

ちょっと振り回されている…

なんていう方は特に必見!の内容ですので、

ココロしてお読みください。

========================================================
占いを真に受ける必要はまったくありません!
========================================================

私は以前、

占い事務所で働いていたことがあるんです。

占いとか心理テストが好きな人って多いですよね?

私も好きでした。

(…イヤ、今でも、好きは好きです。)

 

軽〜い気持ちで触れるには、

確かに面白いです、ああいうの。

 

でも、

これは私の「経験」と「知識」を総動員して

はっきりと言い切りますが、

 

占いや心理テストって、

基本的には、その内容をまったく

“真に受ける”必要はないんです。

 

その理由をこれから説明します。

これを知ればあなたはきっと、

もう占いなどに

むやみに心を惑わされることがなくなるでしょう。

========================================================
占いや心理テストに潜むテクニックとは?
========================================================

人にはみな

“承認欲求”

というものがあります。

 

それはかんたんに言うと

“誰かに自分のことを分かって欲しい!”

という気持ちのこと。

 

人は、

どこの誰だか知らない人が書いた文章であっても、

「もしかしたらこの人は

自分のことをズバリ言い当ててくれるんじゃないか…」

と、つい淡い期待を抱いてしまうものです。

(…思い当たりませんか?)

 

「占い」や「心理テスト」には、

この“承認欲求”を巧みに利用した、

あるテクニックが使われています。

 

それは

「バーナム効果」

と言われるもの。

 

これは、

「誰もが『当たっている』と感じる文章を用いる」

テクニックのことです。

 

たとえば、

「あなたは、

1人で物事を考えることが誇りであり、

十分な証拠がないと、他人の言うことを受け入れません」

とか、

「あなたは、

外面的には規律を保ち、自制しているが、

内面的には不安で、くよくよしがちです」

とか、こんな文章。

 

実はコレ↑、誰にでも当てはまります。

 

冷静に考えると、人はみなこうじゃないですか?

なぜ、人がこういったものを

つい、真に受けてしまうかというと、

「あなたは〜」

と、あるように、

これを

「自分だけに発せられたもの」

と思ってしまうからなんです。

 

人はみな、これに弱いのです。

心理テストやYes-Noチャートなどでは、

こうした“人間の性質”を

うま〜く利用しています。

 

ですから、

いざ診断結果にたどり着くと、

「…これはたくさんの質問を選んだ末の結果だから、

きっと私だけに向けられたメッセージにちがいない」

と、思ってしまうのですね。

========================================================
あなたは実は、占い師の手のひらで遊ばれていた…?
========================================================

心理テストだけでなく、

当然、占いにだって、

こうした「バーナム効果」が使われています。

 

星占いや誕生月占いだけでなく、

驚くことに、

直接占ってもらう

 

“対面の占い”

 

であっても、です。

 

文章ではなく、リアルタイムの会話の中で

バーナム効果のようなものをもたらすテクニックのことを、

“ストックスピール”

といいます。

「これからあなたのことを言い当てていきますよ」

なんて言いながら、

実はあれも

“誰にでも当てはまるフレーズ”

を使っているだけなんです。

 

たとえば占い師が言う、

「あなたは、

人を好きになったら

相手の期待に応えようとして、無理してしまうところがありますね?」

とか、

「あなたは、

愛情深い人ですが、それを伝えるのが下手な時があります。

そのせいで誤解されたり、冷たい人と思われることがあります」

みたいなセリフがそれです。

 

これもやはり、誰にでも当てはまる言葉なんです。

 

占い師は、

相談者を前にして、いかにも

その人のためだけに発した言葉

のように言いますが、

すべては、ちゃんと

“事前に準備していた言葉”

なんです。

 

事実、

占い師の多くは、

「こんな人には、この質問」

「こういうタイプには、こう言おう」

というふうに

会話の“型(かた)”を

何通りか持っています。

 

そして、

会話の中でわざとあいまいな言い方をして

“相手から”

情報を引き出します。

 

客はみな

悩みを抱えて相談に来るくらいですから、

“承認欲求”

はメチャメチャに強いわけです。

 

占い師のあいまいな言い方に対して

相談者の方から

「そうです、そうです!何で分かるんですか?!」

「はい、実は、こうこうこうで…」

とか言いながら、

ついつい、

“自分で自分のことを語ってしまう”

のですね。

 

「あの占い師、スゴイ!

私のこと全部言い当てた!」

なんて、興奮したりする人もいますが、

 

…実は、

言い当てられているわけでも何でもありません。

========================================================
実際にいた、こんなトンデモ占い師!
========================================================

ここまで読んだ方の中には

「いーや、ちゃんとした占い師もいるはずだ。

現に私はそんな占い師に会ったことがある!」

と、反論したくてウズウズしている人もいるでしょう。

 

もちろん、

ちゃんとした占い師もいるとは思います。

(でも、けっして多くはないと思います。)

 

この世界は3次元ですが、

上位次元には“時間”という概念がないようですから、

この世界の“本質”に近づいた人間なら、

過去や未来のことを読み取れても、

何ら不思議ではありません。

(私はどちらかというと、観念論者です。)

 

…という前提の上で、

ここから話すのは、私の経験談です。

 

私が働いていた占い事務所の

代表の占い師は、

しょっちゅうテレビ出演もしていて、

半年先まで予約が埋まっているような、

超人気占い師でした。

 

でも、

こんな人ですら、

お客さんが帰ると、

「ペットが死んだって言うから、

そのペットは今、天国であなたのことを見守ってますよ、

と言ってあげたの。

そしたらお客さん泣いてたわ」

…なんてことを裏で言っている世界でした。

(すごくテキトーな感じでしょ?)

 

でもこれ、事実です。

 

それからその事務所には、こんな占い師もいました。

その占い師の得意技は、

お客さんに、

「あなたは

母親にとって〜番目の子供とおっしゃるが、

その前にもう1人子供がいたかも知れない…」

と告げること。

 

ほとんど全員にこれを言うんです。

(要するに“カマ”をかけるわけです。)

 

なぜかって、

とにかく、お客さんの気を引くため。

 

実際こんなこと言われたほうはびっくりしますし、

「それ、もしかしたら、あるかも知れない…」

なんて思って、

その後に続く言葉に耳が釘付けになります。

タチ悪いですよね…。

でもこれも、

事実です。

いるんです、本当に、こういう占い師。

========================================================
インチキな占いに振り回されないために
========================================================

ここまで見てきたように、

占い師ってとにかく

人の「弱い心」と「承認欲求」

をうま〜く使ってるんです。

 

私は何もこうしたやり方すべてを“悪”とは言いません。

 

ですが、

占い、心理テストに振り回されてしまいがちだ…

なんていう人は、

こういったことをぜひとも頭に入れておくべきでしょう。

 

気をつけていないと、

高いお金を払ったのに、

余計に不安が大きく広がってしまった…

なんてことにもなりかねませんヨ。

 

てなわけで、

また明日も引き続き、

 

占い師のこんなズルいやり方…

というものを紹介させてもらった上で、

 

そこからさらに踏み込んで、

心理テストや占いの

“限界”

といったことにまで触れていこうと思います。

 

「あれ?この『あなたへの手紙』ってそんな内容をやっていくの?」

と思った、

そんな“あなた”。

 

この手紙の目的である

“自分の頭で考える”

ためには、

まずはあなたの頭を

「独り立ち」

させなくてはならないのです。

 

そのための第一段階として、

まずは

“弱いあなたがこれまで頼りにしてきたもの”

をあなたから切り離していこうというわけです。

 

今はまだ半信半疑でも構いません。

 

これからいろいろと

私の経験談を交えてお話していきますので

 

ただ、

楽しく読んでもらえれば幸いです。

 

では、

次回【3通目】もお楽しみに。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

【3通目】インチキ占い師の見破り方、教えます。

2018.01.21

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です