【3通目】インチキ占い師の見破り方、教えます。

こんにちは。

平山真人です。

 

前回は、

心理テストや占いには

ある共通した

“テクニック”

があるということをお話ししました。

 

そして、

実際に私が、身をもって見聞きした、

占い師の実態

といったものも少しお話ししました。

今回はその続きです。

 

と、

その前に、

念のため言っておくと

私は

占いや心理テストのすべてを否定しているわけではありません。

私も占いは大好きです。

占い師をやっている知り合いだっています。

 

ですが、

そういったことにハマりすぎて

それこそ何百万円も注ぎ込んでいる人を

間近で見てしまったんです。

 

これはいけない、

明らかに間違っている…

そう感じた私は、

こうした機会に

まずは

「占いの世界の実態」

を、もっと多くの人に知らせるべきだと思ったのです。

 

知った上で、

そこから先は、あなた自身が考えること。

 

要するに、

「自分の頭で考える」

ということです。

(↑これはこの全7通の『あなたへの手紙』の、最終目標でもあります。)

 

占いビジネスの裏側を知ってしまうと、

人のアドバイスに頼ろうとしてしまいがちだったあなたも、

きっと、

できることなら、

「もっと強い自分」

になりたいと決意したくなると思います。

 

では、

前回の続き、いってみましょう!

========================================================
インチキ占いの見破り方、教えます
========================================================

“インチキ”

と言ったら

言い過ぎかも知れませんが、

 

今日は

いかがわしい感じの占い師の

見破り方について、

 

まずは、

基本事項から紹介していきます。

 

これからお伝えすることは

あくまでも

「基本」

です。

 

…準備はいいですか?

========================================================
占い師が絶対に触れてはいけない「とう・かん・し」
========================================================

たとえ

未来が予知できたとしても、

過去が透視できたとしても、

占い師が

他人に伝えてはいけないことが

3つ

あります。

 

それは、

「盗(とう)」、

「姦(かん)」、

「死(し)」

です。

 

「盗(とう)」とは、

その人の犯罪や罪。

 

「姦(かん)」とは、

男女関係。

 

「死(し)」とは、

死期の宣告のことですね。

 

では、

中身を一つずつ
説明していきましょう。

 

①「盗(とう)」

その人が過去にどんな罪を犯したかを掘り返してまで
責めることに意味はありません。
ましてや、他人が。

 

②「姦(かん)」

”男女関係”というのは、
出会いや成り行きによって、
ひとつの生命が誕生するかしないかにも関わってくる重大なこと。

男女関係にまつわることって、
実は、
おいそれと口に出してはいけないものなのです。

 

③「死(し)」

死については、
それを軽々しく予言すること自体、
人としての「格」に疑いが生じます。

 

…う〜ん、ですが、

この3つって

普段、

占いが好きで、占い師のもとに通っている人などが、

知りたいことばかりですよね?

 

そうです、

 

実はここに、

インチキ占い師が世にはびこってしまう

原因があるのです…。

========================================================
人生はそんなに単純じゃない。
========================================================

たとえば、

「ダイエット(減量)にとても興味がある人」

がいるとします。

その人は、

体重さえ落ちれば、

綺麗になって、仕事も恋も、

すべてうまくいき、人生バラ色…

というイメージを持っていることが多いです。

 

また、たとえば、

「自分の顔にコンプレックスを持っている人」

がいます。

その人は、

自分の顔のココさえ直れば、(整形すれば、)

みんなに好かれる容姿になって

仕事も恋もうまくいって、人生バラ色…

というイメージを持っていることが多いです。

ですが、

実際、世の中は

そう単純ではありません。

 

もしあなたの人生がうまくいっていない(と感じる)なら、

その原因は

もっともっと深〜いところにあります。

========================================================
自分と向き合うのはむずかしい…。
========================================================

何かに向かって行動をすることは、

もちろん、いいことです。

 

ですが、

その前に何より大切なのは、

「自分と向き合うこと」

です。

 

しかしこれが難しい…。

 

難しいからといってずっとそれを怠っていても、

毎日の流れは止まってくれません。

24時間ごとに、強制的に“明日”がやってきます。

 

仕事が嫌でも、

学校が嫌でも、

あの人と会いたくなくても…

明日は必ずやってきます。

ですから

人は、

限られた時間で効率よく、

毎日を好転させたいのです。

 

つまり、

こうした需要に応えるのが、

巷に溢れる

「占い」というわけです。

 

人にポンッと何かを言ってもらえるのは、

非常に”お手軽”です。

とりあえず、深く考えなければ…。

========================================================
占い師に「占いの能力」は必要ない?!
========================================================

「自分はこういう人!」

「あの人はこんな人!」

などと

自分や他人にすぐ

“レッテル貼り”

をしたがる人はいませんか?

 

そうやってでも

とにかく

思考をシンプルにさせないことには

“毎日”に対応できない…

そんな人って実際、数多くいます。

 

そうした人たちの役に立っているのが、

“良心的な”占いや、占い師の方々。

(ニセ占いでも多少の役には立ちます…。)

 

でも!

ここでよ〜く考えてください。

 

こういったことこそが

“占いの価値”なのであれば、

「予知」や「予見」なんていう能力は

少しも必要ないということになりませんか?

 

…ハイ、

実は、その通りなんです。

 

ですから、

本当の意味で役に立つのは、

「ズバリ言うわよ」みたいなアドバイスではなく、

 

その人自身が抱えている

“真の問題”に、

その人を向き合わせてくれる

“手助け”

なんです。

 

そのためには、

人と話したり、

新しい考え方に触れたり、

 

また、

他人の生き方そのものに触れてみたりするのが

最も効果的な方法です。

 

総合的な意味では、

「本を読む」

と行為が、実は一番優れています。

 

ですが、

どんな本をどんなタイミングで読めばよいのか、

一筋縄ではいかないので

 

やっぱりこれも

お手軽な方法とまでは言えないかも知れませんね…。

========================================================
占いに頼らないなら…どうする?
========================================================

ここまでお伝えしてきたことで、

何とな〜く、

「占い」に頼りたくなる気持ちが薄れ、

 

できることなら

「強い自分になりたい!」

とう気持ちが芽生えてきつつあると思います。

 

じゃあ、

いったいどうしたらいいのか?

…この続きは

また次回、【4通目】でお伝えします。

次回はこの話題をもっと先へ推し進め、

あなたがこれまで抱えてきた

弱い気持ちを

完全に!浮き彫りにしてしまいますので、

 

どうかもう、

これまでの自分の弱さは、

そのままポイッ!

と捨てちゃってください。

 

そして

脳髄にガツンとくるような新情報とともに、

あなたを

「次のステージ」へと推し進めるための方法

へいざなっていきます。

 

ぜひともお楽しみに!

 

ではまた次回、お会いしましょう。

 

ここまで読んでくださり、
ありがとうございました。

========================================================
ちょっとだけ追記
========================================================

「対面の占い」じゃなくて、

「血液型診断」や「星占い」、

また

「ちゃんとした霊視」

だったら、信じてもいいんでしょ?

と、

そんなことを考えているあなた。

そのあたりも、

明日ちゃ〜んと触れていきますので、

ぜひともお見逃しなく。

ではまた!

【4通目】他人に流されてしまいがちな、弱いあなたへ…。

2018.01.21

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です