【おまけの9通目】カルロスゴーンだって孫正義だって酔い潰れれば、単なる酔っ払い。

この7通の手紙シリーズは、かつて私のメルマガでお届けしていたものです。順に読むと楽しさ倍増なのですが、前回のはもうお読みいただいいてます? …それではどうぞ!(目次はこちら

こんにちは。

平山真人です。

今回も、少しだけ

すでにお届けした『あなたへの手紙』の補足的内容を、

お届けいたします。

 

今回は、

私がやっているストーリーカウンセリングにおいても、

とても重要な、

「話を聞く技術」

についてのお話です。

========================================================
天下人は“聞き上手”だった?!
========================================================

「人の話を聞く」というのは、

実は、

”人間にとって一番難しいこと”

だって知っていましたか?

 

なぜなら、

人間はみんな、

自分のことをしゃべりたいものです。

 

ところが

人間は、

他人の話を聞く気がありません。

(「いや、そんなことないよ」と優しい人もいるでしょうが、根本的には、皆そうなのです。…では、話を続けます。)

 

たとえば

お金に困っている人がいるとします。

 

別にこの人にお金を貸してあげるわけでもなく、

「そっかぁ、君もなかなか大変だねぇ…」

と話を聞いてあげるだけで、

この人はどれほど救われるか。

 

日本の歴史に天下人として名を残した

徳川家康も、

とにかく人の話をよく聞く、

“聞き上手”

でした。

 

家康は、いつもお決まりの漢方薬を持ち歩いており、

余計な医者は必要なかったのですが、

名の通った医者を紹介されれば、

その医術をまったく必要としなくても、

よく話を聞いてあげ、養ってあげました。

 

天下に名の聞こえた侍医がいたほうが

自分の名に箔がつくと考えたこともあるでしょうが、

それも、

「人の話を聞く」

という、彼の”特技”があってこそです。

 

人の話を聞くなんて、かんたん…

なんて思う人もいるかも多いかも知れませんが、

 

本当の意味でそれができる人は、

実はそれだけで

「偉大な人物」

なんです。

========================================================
人は話す前から答えを持っている!
========================================================

もちろん、

お金に困っている人が

自分の身の上話を人に話したところで、

トラブルが解決するわけではありません。

 

医者が殿様に自分の医術の根拠を語っても、

実際に利用してもらわなければ、虚しさは残るかも知れません。

 

しかし、人が人に話をする時、

それだけで得られる

「満足感」

といったものがあります。

 

たとえば、

あなたが何かを人に話した時、

あなたは何らかの反応をしますよね?

喜んだり、はたまた、
ガッカリしたり…。

 

ここでよく考えてください。

喜んだりガッカリしたりするということは、そのための

“基準”

があったということです。

 

あなたが持っている

“正解”に即した反応だったら、

あなたは喜び、

 

逆に、

それに反した反応だったら、

あなたはガッカリするんです。

 

…分かりますか?

 

あなたはだいたいにおいて、いつも

“正解”

をすでに持っている。

 

ただ、

決断ができないだけなのです。

 

決断をするために、

人の“反応”

を伺っているのです。

 

お金に困っているなら、

(ないものはないのだから、)
支払いの相手に対し、少しずつでも誠意を示すしかないのかも知れない…

医術を研究しているのなら、

権威のある人に聞かせてその反応を見たい…
そうした人に説明したという事実が欲しい…

人間関係に困っているのなら、

誰かに聞いてもらって、自分がこれから取ろうと思っている態度を
”肯定”して欲しい…

 

このように、

人はいつも、

 

「答え」をすでに持っているけど、

「決断する勇気」がないだけなのです。

 

そしてその「勇気」とは、

 

「自己肯定」

 

から生まれるものです。

========================================================
心理学は机上の学問であっちゃダメでしょ。
========================================================

私がよく読む作家の本は、

だいたい

心理学の権威だったりすることが多いのですが、

(河合隼雄さん、小林正観さんなど。)

 

心理学を”そのまま扱った読み物”は、たまにしか読みません。

 

私の考えとして、

心理学というのは

考える生き物・人間である以上、

ある意味、

経済学・医学・生物学といった学問よりも、

身近な学問だと思っています。

 

ですから、

”机上の学問”

にしちゃあいけないわけです。

 

(「机上の」とは「うわっつらの」とか「現実味のない」という意味です。)

 

実際のところ、

心理学を勉強し、症例の名前などに詳しくなって、

悩みを抱えた人に対し、

「はぁ〜、そうですか、それは○○症候群ですねぇ」

と伝えたところで、言われたほうに、特にメリットはありません。

(霊能力者だって、たとえ相談相手に霊がついてても、ついていると言わずに取り去ってあげるのが本物の霊能力者だと、この『あなたへの手紙』で書きました。)

 

ですが、

これだけは書いておかなくては、

と思ったことを今から書きます。

 

心理学の世界に、

私がやっているストーリーカウンセリングとアプローチ手法がよく似ている

「ナラティブセラピー」

というものがあります。

 

ナラティブセラピーとは、

相談者に自由に記憶を語らせることによって、

自主的に、トラウマの除去や人生観の転換といった症状の改善を図るものです。

 

「ナラティブ」とは、

語りとか、物語といった意味で、

 

ナラティブアプローチは時に、

“自己物語”

と訳されることがあります。

 

つまりは、

まとめると、

やはりこういうところに落ち着きます。

↓↓↓

 

「決断」するためには、

「勇気」が必要であり、そのためには、

「自己肯定」が必要であり、そのためには…やはり、

 

「ストーリーの力」

が有効である

 

ということです。

========================================================
「ナラティブアプローチ」と「ストーリーカウンセリング」の違い
========================================================

私の行う「ストーリーカウンセリング」は、

「ナラティブアプローチ」と同じように、

相談者と私との

“対等性”を主軸に置いています。

 

ですが、

「ストーリーカウンセリング」は、

私が相談者のストーリーをきれいにつなぐための、

“解釈”を交えた質問をし、(インタビューをし、)

それをさらに、

文脈の整った読み物に仕立てる…

 

という点で、ナラティブセラピーと大きく違います。

 

「ストーリーカウンセリング」は、

私がこれまで新聞紙上で企業コラムを書いてきた経験と、

人生を通してずっと、童話を創作してきた経験を

惜しみなく注ぎ込んである唯一無二のサービスと言ってもいいでしょう。

========================================================
過去は“幻”である!
========================================================

言うまでもなく、

人間は

「現実の世界」

を生きています。

 

ですから、

「空想の世界やファンタジーの世界に何の意味がある?」

と考える人もいるでしょう。

 

しかし、

現実だって

「ごっこ遊び」の世界とまったく変わらないんです。

 

たとえば、会社の社長…

社長は

自分の会社の中では威張っているかも知れないけれど、

 

社外に出て酔いつぶれてしまえば、

それはただの酔っ払い。

 

世の中を動かしている“お金”だって、

「子供銀行ごっこ」のスケールが大きくなった

「日本銀行ごっこ」に過ぎないのです。

 

このように、

私たちが「現実」と呼んでいるものも、

本来、

数あるファンタジーの中の一つに過ぎないのです。

 

過ぎ去ってしまった過去は変えられませんが、

過去なんて“幻”と思っても、少しも差し支えありません。

 

何があったかというこということよりも、

その事実に

どんな“意味”を持たせるかが大事。

 

人生を「ストーリー化」することによって、

どんな過去であれ、

その過去に“意味”を持たせれば、

過去は変わり、

 

そして…、

あなたの“未来”も変わります。

 

いかがお感じになったでしょうか?

不思議な話ですが、これ、本当の話です。



では、

今回は、
このへんで。

お読みいただき、ありがとうございました。

========================================================
90分で人生を整理する!
========================================================

私が展開している
『ストーリーカウンセリング』というサービスの詳細については、
こちらをご参照ください。



お申し込みは、当ブログの問い合わせフォームより、お気軽にどうぞ。

【おまけの10通目】人生はドラクエだ!

2018.01.21

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です