あげまんになりたい女性と、さげまんを遠ざけたい男性のための基礎知識

「あげまん」という言葉は、

ほとんどの方がご存知なのではないでしょうか?

「あげまん」とは、

男性の運気をあげる女性のことを言います。

 

「あげ」は、分かりますが、「まん」の部分、

よく分かりませんよね。

 

「man」といえば、

むしろ男じゃないかという意見もあるかと思いますが、

この「まん」は、

「間(ま)」のことを指します。

運気とか、潮目などといった意味ですね。

 

ですから、勘違いしないでくださいね、

「あげちん」などという言葉は本来、ないわけです。

まぁ、俗語として使われることもあるようですが…。

 

「あげまん」という言葉自体は、1990年に公開された、

伊丹十三監督の映画 『あげまん』に由来されます。


これは、ツキをもたらす女に翻弄される

男たちの姿を描いた映画です。

 

しいて言うなら、女にツキをもたらす男も「あげまん」と呼ぶはずですが、

(「まん」に女性の意味はないわけですから。)

 

なぜ、

女性は男性の運気を左右する

とされているのか?

(なぜ、その逆は取りざたされないのか?)

 

 

今回は、そのことを考えると同時に、

押さえておきたい、

あげまん、さげまんの特徴

なども紹介していきます。

Sponsored Link

そもそも女性は男性を使いこなす側にある

地球が生まれたのが、46億年前。

生命が誕生したのが、38億年前です。

 

生命が誕生してから、はじめ、5億年の間は、

メスしかいませんでした。

メスさえいれば、次の世代に命を引き継ぐことができたのです。

 

ではなぜ、オスが生まれたか?

 

地球上の環境が変化していくにつれ、

それに対応する必要に迫られました。

そこで、

2つの生命が合わさることで「進化」する

という手段をとったのです。

 

どうしたら生き残れるか、という知恵を探るために、

オス(男性)は、

メス(女性)には理解しがたい、

”変なこと”

をするようにプログラムされています。


一見、馬鹿なことをしているように見える男性ですが、

そんな男性のおかげで、文明は進化してきたのです。

 

このように、生命の元々の起源からいって、

男性よりも、えらいのが女性

 

言い換えれば、

女性は、男性を使いこなす側にあるのです。

Sponsored Link


 

男は女の賞賛で伸びる

古来から、女は、男を使いこなしてきました。

獲物を獲ってきてもらったり、

海へ漁に出かけてもらったり、

農作業では力仕事などをやってもらっていました。

(男のほうが筋力が強いのも、女性の役に立つためです。)

 

では、女性はどうやって、男性をコントロールしてきたか?

それは、”賞賛”によってでした。

 

女性は、男性をとにかく誉めてあげればいいのです。

男性は、女性から、

「すごいね!」
「あなたがいてくれてよかった!」
「あなたほど〜〜な人はいないわ!」

と賞賛の声(または「おだて」とも言う)を浴びれば、

際限なくがんばっちゃうものなのです。

 

これは、個々の性格の話でなく、

遺伝子のプログラムとしてそうなっているのです。


男は、身近な女性の”賞賛”で、伸びます。

 

親子関係であれば、母親

夫婦関係であれば、妻(恋人もしかり)

賞賛が、男にはどうしても必要なのです。

 

そして、

そんな賞賛をしてくれる女性のことを

男性は好きになります。

Sponsored Link


 

あげまん、さげまんの特徴

ここまで読んでくださった方なら、

もうお気付きでしょう。

あげまんになるためには、

とにかく、男性に賞賛の言葉を浴びせることです。

 

…ん?それだけじゃつまらないですか?

そもそもその男性に”賭ける”価値があるかどうかもわからない?

ハイ、そんな意見もあるでしょう。

 

では、ここであげまんの特徴をいくつか列挙してみましょう。

 ●単独行動が得意。
(自分が好きで自分に自信を持っているので、必要以上に群れようとしない。)

●男を「才能」で選ぶ。
(社会的地位や世間体で選ばない。)

●やたらと外出せず、自宅で英気を養っている。
(心に余裕があるので、自宅を最高の癒しの場所に整えている。)

※参考資料『友だちをつくるな』千田琢哉

Sponsored Link


 

一方、

さげまんの特徴ですが、

これは列挙するまでもないでしょう。

 

さげまんとは、

毎日ぞろぞろとランチに出かけ、

ツレションをし、

「あの人と付き合ったらみんなに自慢できるかしら?」といった基準で男を選び、

自宅の居心地が悪いので、いつもあちこち(昼も夜も)外出しまくっている女性です。

 

…以上のことは、

当然、男性の方も注意してください。

 

何となく惚れてしまった女性が、

「どう考えても、さげまん要素満載だな…」と思った時には、

ちょっとだけ、自分にストップをかけてください。


あなたの遺伝子は、

あなたの才能を認めてくれ、”賞賛”されることを求めています。

なぜ、あげまんは”運”を呼ぶか?

さて、

自分のことが好きで、自分に自信を持っていて、

かつ、男性を賞賛する女性が

「あげまん」だということが分かったわけですが、

 

そういったあげまんは、

どうして、男性に”運”を呼ぶのでしょう?

 

あげまんと呼ばれる女性は、

男性の「良い部分」と「悪い部分」を

察する能力に長けています。

 

さらには、

「良い部分」をより伸ばし、

「悪い部分」を修正するのが得意です。

 

あげまんは、これを意識してやっているわけではありません。

”本能的”にやるのです。

(そもそも男を世間体で選んでいませんしね。)

 

これによって

男性は、自然かつスムーズに

自分の能力を開花することができます。

 

そして、

知らずしらずのうちに、自信がつき、

その自信が、

運を呼び込めるようになっていくのです。

 

運に恵まれるためには、

何より、

不安やマイナスの感情を打ち消し、いかに自信をつけるかが重要です。


…と、このように、

今回、

遺伝子の構造のお話から、

あげまんの特徴に触れていきましたが、

ご自分のことに置き換えてみて、いかがだったでしょうか?

 

女性が幸せを掴むためには、

SNSなどで空虚な”リア充アピール”に精を出すより、

まずは部屋を片付けて、

あげまんへの第一歩を踏み出したほうがよいかも知れません。

(男性は男性で、惚れる相手を間違わないように。)

女性がさげまんになる理由とは?女と男の「本能的役割」から考える

2018.05.06

人間が成長するには「孤独」が必要不可欠な理由。

2017.03.21

名作昔話『猿のひとりごと』に隠された”夫婦関係”の投影

2017.10.22

血液型占いが嫌いな人・苦手な人が身につけておきたい知識

2017.03.30

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です