名作昔話『ねこの大王』で味わう、物語に「翻弄」される快感

名作昔話を掘り下げる、第12回目は、

イギリスの昔話

『ねこの大王』

をお送りします。

 

昔話の定義に、

基本的に「時間軸」が真っ直ぐである…

というのがあります。

 

昔話には、

「ここでいったん、昨日の話に戻ります…」

なんてことはありません。

 

 

今回の話も、ほぼ、その法則にのっとっているのですが、

 

ちょっとだけ、時間軸に工夫があります。

 

それだけに、このお話は、あまり「語り」には向いていません。

(少し理解に手間取るかも知れません。)

 

しかし、

昔話独特の雰囲気を持ちながら、

少しだけ時間軸に趣向を凝らしている

この不思議なテイストを、

ぜひとも、

味わってほしいと思います。

Hirayama
このストーリー分析は、

物語創作に興味のある人や、

今、心のモヤモヤを抱えている人に、大きな示唆を与えるものとなっています。

それではスタート!

Sponsored Link

今回ご紹介する話は…

↑この中に収録されています。



↑私による朗読です。(記事をお読みいただいた後に聴くほうがいいかも知れません。)

このストーリーのモチーフ(発想の原点)

家で飼っているネコが、

実は、ねこの大王だったら…
”モチーフ”とは、もともと音楽用語で「最小旋律」を意味します。物語創作に置き換えると「こんな物語を作りたいなぁ」という”イメージ像”あるいは”きっかけ”のようなものです。
おそらく、これくらいのモチーフでしょう。

では、次に行きましょう。

物語の『天・地・人』

続いて、基本設定です。

天(時代・世界設定)

イギリスの昔(当然「昔話」なので、ファンタジー要素が強い世界観です。)ある冬の夜

地(物語のスタート地点)

家の中

人(主人公および登場人物)

墓掘り、おかみさん、黒ねこのトム

あらすじ(物語のおおまかな設計図)

おかみさんと、黒ねこのトムが、

家の主人である”墓堀り”の帰りを待っていると、

墓掘りが帰ってきます。

墓掘りは、帰ってくるなり

「トム・ティルドラムって誰のこと?」と聞きます。

そして、この日、墓で起きたことを語り出しました。

語り終わると、黒猫のトムは

「チム・トルドラムが死んだのなら、ねこの大王はオレだ!」

と言って消えてしまいました。

Sponsored Link



起承転結は?

おかみさん黒ねこトムの待つ家へ、帰ってきた墓掘り

「トム・ティルドラムって誰のこと?」

承①

墓掘り:「今日、仕事中に居眠りして、ねこの声で目覚めたんだ」

黒ねこのトム:「ニャーオ!」

承②

墓堀り:「棺桶を運ぶ9匹のねこを見たんだ」

黒ねこのトム:「ニャーオ!」

承③

墓掘り:「ねこどもがオレに近づいてきたんだ」

黒ねこのトム:「ニャーオ!」

転(承⑦)

おかみさん:「トムをごらん!」

黒ねこのトムは、みるみるふくれ出す。

黒ねこのトム:「それじゃあ、オレがねこの大王だ!」

そう言ってトムは消える…。
一般的な「起承転結」は、さらに細かく分けると「起」→「承①」→「承②」→「承③」→「転」→「結」となります。これは昔話以外のどんな長い物語にも当てはまります。主人公の「アクション(行動)」および「それによって動いた事実」に焦点を絞って振り分けます。

 

普通に読むと、(聞くと、)

この話に出てくる「3の要素」には気付かないかも知れません。

 

ですが、

黒ねこのトムが意味ありげに「ニャーオ!」と泣くのは、

きっちり3回です。

 

それがそのまま

承①〜承③に当てはまり、

比較的、きれいな「起」→「承①」→「承②」→「承③」→「転」→「結」となっています。

このストーリーのポイントは?

冒頭で語った通り、

この話では、時間軸の扱いに少し工夫が見られます。

 

家に帰ってきた墓掘りは、

その日あった不思議な出来事を

おかみさんに向けて喋り、

黒ねこのトムも、それを横で聞いています。

 

お話の半分近くは、

墓掘りが語る「その日の昼(過去)」の話。

 

それとリンクして「現在」が語られています。

 

物語設定として、まず大きなポイントは、

主人公が”墓掘り”という気味の悪い仕事だということ。

 

…いかにも、何かが起きそうな気がしますね。

 

そして、家で飼っている黒ねこに

トムという名前がついていて、

冒頭から存在感たっぷりに描かれていること。

 

…これもいかにも、何かが起きそうな気がしますね。

 

黒ねこのトムは、案の定、

墓掘りの話を聞きながら、意味ありげに「ニャーオ!」を繰り返します。

 

このコーナーで何度も申し上げているように、

昔話には、よく「3の要素」が出てきます。

 

そしてそれは、

 

物語を”予想”させるためのリズム

 

です。

 

1でコトが起こり、2でもう一度コトが起こり、

この時点で、「点」「線」になり…、

 

その線をたどり、物語の行く末を予想したところで…、

3で、ドンッ!と何かが起き、

それを受けて、最後に何かしらのオチを迎えるわけです。

 

読者に、(聞き手に、)

「物語を予想させること」は、イコール「物語に集中させること」

です。

 

墓掘りが昼間出会ったという、

9匹のねこのエピソードと、

トムの「ミャーオ!」という鳴き声

のリンクが、

3のテンポの中で小気味よく語られ

 

「この先何が起こるのか?」

「何かが必ず起きるはずだ!」

 

というワクワクを演出しているわけですね。

 

※ちなみに、この”予想”は、

予想どおりになってもいいし、

大きく予想を裏切っても構いません。

…どちらでも、面白いのです。

読者(聞き手)にとっては。

Sponsored Link



このストーリーの伝えるメッセージは?

このお話は、

壮大なバックグラウンドを感じるお話でもあります。

 

とりあえずは、こんな感じでしょう。↓

 

ねこの国があって、

そこにはねこの大王がいて、

ティムとトムはかつて、王座を争っていたわけです。

 

王座争いに敗れたトムは、人間の飼い猫に身をやつして、

いつかティムが死ぬのを待っていた…。

 

そして、ついにティムの死を知るのが、

このお話の中のエピソードです。

 

9匹のねこの儀式的な不思議な動き…

棺桶の上に乗せられた冠…

9匹のねこの胸には皆、白い印…

緑の火のように燃える目…

これらはすべて、

このお話が単に、短く完結するものではないような雰囲気を漂わせています。

 

ですが、

 

これも、すべてテクニック

 

「そんな壮大な話があるんだったら、その話も聞きたい!」

と思うのもいいでしょう。(思っても構いません。)

…でも、そんな壮大な話が、なくてもいいんです。

 

よく分からないから、

不思議だから、

未知だから、

面白いんです。

 

このお話、

人を食ったようなところもある、語り口ですが、

こうやって、翻弄されるのもまた、

昔話を読む(聞く)楽しみでもあります…。

Hirayama
昔から伝承されている話なのに、

このように、シンプルながら緻密な演出がなされれているところに、

人間て、本当に、本質的に「ストーリー(物語)」が好きなんだなぁ

ということを思わずにいられません。

というわけで、

今回はイギリスの昔話『ねこの大王』をご紹介しました。

名作昔話『ちびのこひつじ』が人の心の奥へ伝えてくる「人生の非情」

2017.11.07

名作昔話『かしこいモリー』から学ぶ「人間の希望と生きる知恵」

2017.11.11

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です