【名作昔話を掘り下げる9】『この世のおわり』

名作昔話を掘り下げる、第9回目は、

フィンランドの昔話

『この世の終わり』

をお送りします。

 

世界の昔話って本当に面白いです。

(日本の昔話も面白いですけど。)

この話、日本人の感覚だと、まったく先が読めないんです。

 

かといって、

ひねくれた展開でもなく、

スッと理解できる、分かりやすい話です。

さて、

では恒例の”掘り下げ”、行ってみます。

Hirayama
このストーリー分析は、

物語創作に興味のある人や、

今、心のモヤモヤを抱えている人に、大きな示唆を与えるものとなっています。

それではスタート!

Sponsored Link

今回ご紹介する話は…

↑この中に収録されています。



↑私による朗読です。(記事をお読みいただいた後に聴くほうがいいかも知れません。)

このストーリーのモチーフ(発想の原点)

”モチーフ”とは、もともと音楽用語で「最小旋律」を意味します。物語創作に置き換えると「こんな物語を作りたいなぁ」という”イメージ像”あるいは”きっかけ”のようなものです。
出ました。

掘り下げ第9回目にして、ついに出ました

モチーフ、なしです。

この昔話が、どんな思いつき(モチーフ)で、作られていったか、

はっきり言って分かりません。

 

…ただ、

”リズム”があります。

(これから説明いたします。)

 

モチーフはありませんので、

テーマもありません。

 

ですが、

ただそれだけでは”掘り下げ”にはなりませんね。

続きをどうぞ。

物語の『天・地・人』

基本設定を抑えましょう。

天(時代・世界設定)

フィンランドの昔(あくまでも「昔話」なのでファンタジー要素は強い世界観です。)

地(物語のスタート地点)

森の中

人(主人公および登場人物)

めんどりキツネ

この物語は、なんと、途中で、主人公が交代します。

あらすじ(物語のおおまかな設計図)

森を歩いていためんどりの頭に、どんぐりが落ちてきた。

それを、”空のかたまり”が降ってきたと勘違いしためんどりは、

「”この世のおわり”がやってきた!」と森の中にふれ回ります。

めんどりは、

ブタと、雌牛と、犬と、おんどりと、キツネと、クマと、オオカミを連れて

洞穴に逃げ込むも、当然、何も起きません。

めんどりは、お腹が空いたみんなに食べられてしまい、

最後に残ったのは、キツネと、クマと、オオカミだけ。

クマとオオカミは、キツネを食べようとしましたが、

キツネはうまいこと機転を利かせて逃げ出しました…。

Sponsored Link



起承転結は?

めんどりの頭にどんぐりが落ちてくる。

これを「このよのおわり」がやってきたと思い込む、めんどり

承①

めんどりの思い込みをブタが信じたので、

雌牛と、と、おんどりも信じる。

承②

雌牛と犬とおんどりが信じたので、

キツネクマオオカミもこれを信じる。

承③

みんなで洞穴に逃げ込むも、いくら待っても何も起きない…。

承④

おなかが空いた一同は、キツネの提案で、みんなでめんどりを食べる。

承⑤

次に、ブタを食べ、それといっしょに、

雌牛と、と、おんどりも食べる。

承⑥

残ったのは、キツネクマオオカミ

お腹いっぱいになった一同は、ここでいったん寝る…

起きる一同。

クマオオカミは、キツネを食べようとする。

キツネ:「ぼくは自分を食べてやるぞ!」

クマとオオカミ:「それはいい。オレたちもやってみよう!」

キツネはその隙に、洞穴から逃げ出す…。
一般的な「起承転結」は、さらに細かく分けると「起」→「承①」→「承②」→「承③」→「転」→「結」となります。これは昔話以外のどんな長い物語にも当てはまります。主人公の「アクション(行動)」および「それによって動いた事実」に焦点を絞って振り分けます。

このストーリーのポイントは?

このコーナーでは、ずっと、

 

昔話は、3の要素を巧みに使う、

 

そして、

 

どんな長さの物語でも必ず、

「起承転結」の「承」は、大きく3つに分けられる、

 

と、お話ししてきました。

 

しかしこの物語ではあえて、

3の倍、6つに分けてみました。(もちろん、3つにも分けられますよ。)

 

というのも、

リズムが素晴らしいのですね。

ですからあえて、細かく分解してみました。

 

「承①」→「承②」で、どんどん仲間が増え

「承③」で、いったん休み

 

また、

 

「承④」→「承⑤」で、今度はどんどん仲間が減り

「承⑥」で、いったん休み

 

この一連の「承」のリズム、

見事な

『タン!タン!ウン!

タン!タン!ウン!』

になっているのですね。


そして、

このリズムと同時に注目したいのが、

「承①」の次の「承②」で、

肉食動物が加わり、どことなくキナ臭さが出てくるところです。

 

一気にみんなが仲間に加わるのではなくて、

段階を踏んで、

二段階目で、肉食動物たちがやってくるのですね。

 

このように、

「え、この先どうなるのかな?」

という読者(聞き手)の興味を、

段階を踏んで、見事に引っ張っているわけです

 

Sponsored Link



このストーリーの伝えるメッセージは?

この物語のオチは、

まぁ、はっきり言って、そんなにスマートではありません。

リズムの気持ちよさがすべてのお話と言ってもいいかも知れません。

 

冒頭で、「この物語におそらくモチーフはない」と言いましたが、

そうなると、テーマもないように見えます。

 

ですが、このお話がどうしてフィンランドにおいて、

ずーっと、伝承されてきたか、

それを考えると、

 

多分、

人々の間で、スッと腑に落ちるものがあったのですね。

 

1人の勘違いで、たくさんの人を巻き込み、

結局、それが間違いだったことが判明した時、

発端となった人は、みんなに責められる…。

また、そこで繰り広げられるいろんな人間模様…。

 

どこの国の人でも、人間なら誰だって、何か思い当たるものがある

…そんなエピソードですね、これ。

 

秀逸なのは、

一番最初の、

どんぐりが落ちてきたことを、”空のかたまり”だと思って、

「この世のおわり」だと勘違いするところですね。

なんてロマンチック…。

こんな理屈がずーっと、昔話として語られてきたというのが、何とも素敵です。

Hirayama
というわけで、

物語の「リズム」にこだわって深く掘り下げてみた、

フィンランドの昔話『この世のおわり』でした。

【名作昔話を掘り下げる8】『くぎスープ』

2017.10.31

【名作昔話を掘り下げる10】『小さなおうち』

2017.11.07

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です