名作昔話『ミョウガ宿』で学ぶ「逆ドッキリ」のシンプル構造

名作昔話を掘り下げる、第3回目は、

シンプルながら美しいまでのストーリー展開、

しかも、笑える昔話、

『ミョウガ宿』

をお送りします。

Hirayama
この独特、かつシンプルなストーリー分析は、

物語創作に興味のある人にとって役立つほか、

今、心のモヤモヤを抱えている人に、大きな示唆を与えるものです。

それではスタート!

Sponsored Link

今回ご紹介する話は…

↑この中に収録されています。



↑私による朗読です。(記事をお読みいただいた後に聴くほうがいいかも知れません。)

このストーリーのモチーフ(発想の原点)

宿に、お金持ちが泊まりにきました。

宿主は、そのお客さんから、大きな財布を預かるのですが、

「持って帰るの忘れてくれないかなぁ」と願います。

ですが、忘れたのは自分のほうで、

宿代ももらわずに、お客さんを送り出してしまいました…。
”モチーフ”とは、もともと音楽用語で「最小旋律」を意味します。物語創作に置き換えると「こんな物語を作りたいなぁ」という”イメージ像”あるいは”きっかけ”のようなものです。

天・地・人

「日本のむかし」・「ある宿」・「老夫婦」

「天」=時代や世界観設定、「地」=場所、「人」=主人公のこと。これら「天・地・人」が揃って初めて、物語はスタート地点に立ちます。

今回は3回目なので、

ここをもう少し、詳しく触れましょう。

 

「天」にあたる、時代・世界観設定は、

通常、物語創作をする際には、一番頭を悩ませるところです。

 

ファンタジーの物語を書く際には、

「リアルな世界の中に”ファンタジーの入り口”を設けるか?」

それとも、

「リアルとファンタジーの境目のない世界観でいくか?」

を決めなくてはいけません。

↑『千と千尋』では、ファンタジーの入り口は、あのトンネルですね。

↑このように、いきなり動物がしゃべれば、”境目のない世界”です。

 

昔話は、

当然…

そうです、「境目のない世界」です。

 

実は昔話の、

「むかーし、むかし…」って、

魔法の言葉なんです。

”何でもアリ”の世界に、スッと入っていくことができますからね。

 

この講座では昔話の場合、この「天・地・人」の「天」は、

「日本のむかし」

と、ごく簡単に書かせてもらってますが、

こんなにシンプルに済ませられるのは、昔話だから、なんですね。

Sponsored Link



あらすじ(物語のおおまかな設計図)

宿をやっている老夫婦のもとに、

薬売りの男がやってきました。

ずっしりと重い財布を預かった老夫婦は、

薬売りがこの財布のことを「忘れてしまう」ように、

物忘れが激しくなるという野菜 ”ミョウガ”を、さんざん食べさせます。

しかし、効果なし。

薬売りを見送った後、ガッカリした2人は、

宿代をもらうことを忘れていたことに気付きます…。
あらすじとは「いつ、どんな状況にあった誰が、何をして、最後どうなったか?」です。創作する場合には「モチーフ」+「天・地・人」の要素、さらにそこに、主人公の「移動」の様子をイメージするとまとめやすいでしょう。

起承転結は?

老夫婦が経営する宿屋に、お金をたくさん持った薬売りがやってきて、

2人に財布を預けます。

2人は、お金を自分のものにしたくて、

薬売りにミョウガをたくさん食べさせます。

財布のことを忘れ、一度は去る、薬売り。

しかし、すぐ戻ってきて財布を持って帰ります。

ガッカリする老夫婦。しかも、宿代をもらってないことに気付きます。
「起承転結」は、さらに細かく分けると「起」→「承①」→「承②」→「承③」→「転」→「結」となります。これはどんな長い物語にも当てはまります。

このストーリーのポイントは?

昔話にはよく、おじいさんとおばあさんが出てきますが、

これはなぜかというと、

ストーリーが進行しやすいのですね。

 

子供や若者だと「何かの強い目的」があって然るべきと思ってしまいますが、

老人のように、ある種”枯れた存在”であれば、

どんなストーリーにも当てはめることができます。

 

しかも、これには特典があって、

老夫婦に”キャラクター”がつくと、

さらにエグイんです。

 

『花咲か爺さん』に出てくる意地悪じいさんも、

老人なだけに、エグイです。

 

この物語に出てくる老夫婦は、

まぁエグイほどの悪人ではないんですが、

 

老人(枯れた存在)なのに、

しかも、宿主なのに、

「え? そんなこと企んじゃうの?」

というところが、また面白いです。

これが老人じゃなかったら、読者(聞き手)はこんな反応になりません。

 

ミョウガづくしの料理を食べさせるところは、

ほんの少し描き、

 

薬売りと別れるシーンと、

薬売りが帰って2人で話すシーンは、

まるで小説のように描かれています。

 

このリズムが心地よい!

 

このメリハリを効かせた後に、

「薬売りは、財布のことを忘れなかった!」

しかも

「宿代もらうの忘れちゃった!」

…という、二段オチがまたまた爽快です。

 

さらにさらに!

 

職業が薬売りってことは、

 

「もしかしたらこの薬売りの男、実はぜんぶお見通しで、

老夫婦を、手のひらの上で転がしてたんじゃないの?」

 

と思いを巡らせると、

何とも楽しい読後感が得られます。

…もう、完璧なストーリーです。

Sponsored Link



このストーリーの伝えるメッセージは?

この物語には、人類愛に通じるような

おおげさなテーマは、ほぼありません。

ただ、物語作りのテクニックが、

ギューッと凝縮されています。

 

設定を変えて、諸要素を違うものに置き換えれば、

いくらでも「創作材料」になりそうな話です。

 

でも、ここまで爽やかな読後感になれるのは、

これが昔話だから、こそですね。

(「むかーし、むかし…」といった魔法の言葉も、昔話以外では使えませんし。)(当たり前ですけど。)

Hirayama

…というわけで、

まるで

逆ドッキリ

のような爽快な昔話『ミョウガ宿』を

名作昔話を掘り下げる、第3回目としてお送りしました。

何らかのお役に立てば幸いです。


名作昔話『旅人馬』に見る、人生の目的の見つけ方

2017.10.24

名作昔話『エンマさんの医者探し』から学ぶ「発想の翼」の広げ方

2017.10.26

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です