『なげきの王と5つめの季節』

むかし、あるところに、ひとりの王様がおりました。

王様には、娘がひとりおりましたが、城の跡継ぎに、男の子が欲しいと思っていました。

ところが、待ちに待ったふたりめの子供も、生まれてみると、やはり、女の子でした。

王様はがっかりして、腹立ちまぎれに叫びました。

「わしにとって、ふたりめの娘など、春でも、夏でも、秋でも、冬でもない、役立たずの、五つめの季節のようなものだ」

すると、この言葉を聞きつけた魔女が、どこからともなくやってきて、生まれてきた娘を、さらっていってしまいました。

王様は、つい呪いの言葉をいってしまい、ふたりめの娘を失ってしまったことを、あとになってとても悲しみました。

それからその悲しみは、歳を追うごとに増していき、ついに王様は、すっかり顔色が青ざめるほどになってしまいました。

人々は、こんな王様を、“なげきの王”と呼びました。

なげきの王は、こんなおふれを出しました。

「だれでもよい、五つめの季節を見つけたものには、娘をやり、わしの亡きあと、王の位を譲ることとしよう」

そうして、何年かが過ぎました。

ある時、この都にひとりの貧しい兵隊がやってきました。

この兵隊は、ケガをし、もうお勤めができなくなってしまったので、隊長にひまを出され、行くあてもないまま、旅をしていたのでした。

都へ着いた男は、おなかをすかし、何か食べ物を恵んでもらおうと、一軒の家の戸を叩きました。

そこには、ひとりのおばあさんが住んでおり、おばあさんは、男をこころよく家の中に入れてあげました。

そしてこのあわれな男に、とびきりおいしいパンをごちそうしてあげました。

おばあさんは男に、これからどこへいくつもりかと尋ねました。

「それが自分でも分からないのです」

と男が答えると、おばあさんは、

「おまえさんがその気なら、この国の王になることも、むずかしいことじゃないよ」

といいました。

おふれのことを知っていた男は、

「では、どうすればよいのでしょう?」

と、おばあさんに聞きました。

「なあに、それはここで、三日間、わたしの手伝いをすればいいのさ。そうすればきっと、どうすればよいのか分かるよ」

男は、このおばあさんのいうとおりにしてみることにしました。

まず一日め、おばあさんは兵隊に、小麦を臼でひいて、粉にする仕事をさせました。

二日めには、パンの生地をこねて、形をととのえる仕事をさせました。

そして三日めには、パン焼き釜で、パンを焼く仕事をさせました。

男は、おばあさんにいわれるとおり、まじめに働いたので、パンの作り方を、すっかり覚えてしまいました。

それに、おばあさんが、いつもパンを焼くときに歌っている歌も、覚えてしまいました。

それは、こんな歌でした。

 

♪おいしいパンは 誰の心も 許しちまう

魔法だって とけちまう

 

そうして、約束の三日がすぎ、四日めの朝、おばあさんは、男にいいました。

「おまえさんが顔を洗った桶に、スノードロップの花びらを一枚うかべて、その花びらのさすほうへ、歩いていくといい。それから、この小麦粉を持ってお行き。きっと、何かの役に立つよ。わたしがいえるのは、ここまでさ」

男は、さっそくおばあさんのいったとおりに、桶に花びらをうかべて、その花びらのさすほうへ、小麦の入った袋を手に、歩いていきました。

男がどんどんと歩いていくと、やがて、森の中へ入っていきました。

それからなおもどんどん歩いていくと、見たこともないような不思議なつくりの、一軒の家の前に出ました。

それは、季節の精たちの家でした。

男が戸の前に立つと、戸は、スーッと開きました。

中では四人の男の人が、暖炉の火にあたっているところでした。

ヒゲの長い一番年寄りが冬の精で、それから秋、夏とだんだん若くなって、一番若いのが、春の精でした。

「こんにちは」

と、男があいさつすると、

「お、人間がきたぞ」

と、黄緑の服を着た、一番若い春の精が、ほかの三人に教えました。

男は、全員が自分に気付いてくれたことを確かめると、

「ここに、五つめの季節はありますか?」

と、聞いてみました。

すると、深緑色の服を着た夏の精が、

「ああ、あの役立たずかい?」

と、窓のそばの、鳥かごの鳥をさしていいました。

男は、その鳥こそが、探していた五つ目の季節だと知ると、

「あの鳥を、わたしに譲ってもらえませんか?」

と、聞いてみました。

すると、枯れ葉色の服を着た秋の精が、

「くれてもいいが、あんたはわしたちに、何をくれるね?」

と、聞いてきました。そこで男は、

「わたしはあなた方に、とびっきりおいしいパンをごちそうして差し上げます」

といって、持ってきた小麦粉で、パンを作りました。

パンは全部で五つつくり、四つを季節の精たちに食べてもらうと、男は残りの一つを、懐にしまっておきました。

季節の精たちはみな、パンをおいしそうに食べ、食べ終わると、白い服を着た冬の精が、「よろしい。その鳥は、持っていくがよい」

といいました。

こうして男は。鳥を手に入れると、すぐに、なげきの王の城へ向かいました。

そして、王様の前に通されると、

「王様、五つめの季節を見つけてまいりました」

といって、持っていたパンを、連れてきた鳥に食べさせてやりました。

するとたちまち、かけられていた魔法がとけて、そこには、美しいお姫様が姿を現しました。

なげきの王は、お姫様を抱きしめ、涙を流しながら、自分のしたことを謝りました。

それから男は、自分が見つけてきたこのお姫様と結婚をし、のちにこの国の王となって、長い間立派に国を治めました。

 

おわり