占いに依存してしまう心理的原因とその対処法とは?

占い事務所で働いていた経験を持つ私は、

今では人一倍、

占いに抵抗感を示す人間になりました。

こんな私も以前は、

高いお金を払って
占い師に(霊能者に)占いをしてもらっていたのですが、

今ではまったくそうした欲求はありません。

私がいったい
何を感じ、
どんな結論を出して、
今のような気持ちになったかは話せば長いのですが、

「占い依存から抜け出したい!」

と思いながらも
なかなかやめられずにいる人へ向けて、

今回は、

占いに頼ってしまう人は
どんな特徴があるのか?

そして、

占い依存から抜け出すためには
どうすればいいか?

についてお話しします。

Sponsored Link

占い師も普通のサービス業と変わらない

人はみな、
自分の人生は
自分だけのものと思っています。

そしてそれと同じく、

「自分の悩み」も
自分だけのものと思っています。

けれど、人はどうしても
他人に自分を分かってもらいたい。

そんな欲求を捨て切れません。

 

ですが、

自分の話を
自分の話したいだけ
存分に聞いてくれる相手って、
なかなかいるものではありません。

そこで浮上するのが、
街の占い師です。

実は、

人がいくら

「自分の悩みは自分だけのものだ」

と思っていても、

人の悩みは必ず、
4種類に分かれます。


それは、

●人間関係の悩み
●お金の悩み
●夢や目標に関する悩み
●健康に関する悩み


です。

そして、

百戦錬磨の占い師たちは、
そういったお客さんたちに対し、

必ずいくつかの「型」を持って臨みます。

それはちょうど、
空手の「型」のように、

(こんなお客さんが来たら、こう切り出し、
こう話を持っていこう…)

とか、

(こんなお客さんには、こう聞いてみて、
ここがこうだったら、こういう風に話を持っていこう…)

といった感じです。

 

「え? そうなの?!」

と驚かれる方もいるかも知れませんが、

あなたも
人間関係や仕事において、
いくつかの「型」を使いこなしているはずです。

たとえば、

(この上司はこんな人だから
こういう風に接しておけば間違いない…)

(こういうお客さんには
こういう言い方をすると怒られる場合があるから
こういう態度で臨もう…)

とか。

占い師も仕事でやっているわけですから、
その点はまったく同じです。

 

仕事である以上、
当然、

占い師としての命題は、
お客さんの満足感を引き出すことです。

(これも普通のサービス業と変わりませんね。)

では、
占い師はお客さんの満足感を引き出すため、
いったい何に気をつけて
お客さんの話を聞いているのでしょう?

そこが見えてくれば

占いに依存する人の心理

そして、

占い依存の対処法

までが同時に見えてくるはずです。

「占い師だから自分のことを分かってくれるはず!」という客側の思い込み

人は
占い師に、

自分の不安や、
うまくいかないことについて
相談をします。

頭の中には、

(この先、自分はどうしたらいいのか教えて欲しい…)

という思いを抱えながら、

まずは自分のことを伝えようとします。

自分のことや、自分の身の回りの状況のことを
まず知ってもらわなければ、
話が進まないからです。

 

ここで「占い師」という職業人がピタッと
お客さんの需要にフィットするのは、

(たとえ言わなくても、
たとえ言葉が足りなくても、
もしかしたら分かってもらえるかも知れない…)

と、

お客さんのほうで
勝手に思ってくれるということです。

だからこそ、

「あの占い師、私の思ってこと当てた!」

なんていう勘違い
たびたび起こってしまうのです。

(…ちょっと話が逸れました。)

こうして、自分の状況やそこまでのいきさつの話が終わると、
いよいよ
お客さんの直面する悩みや、うまくいかないことの話へ進んでいきます。

すると、占い師もいよいよ、身構えて聞いています。

お客さんに満足感を与えるために、
どう言葉をかけてあげるか?

…ここにかかってますからね。

占い師はお客さんを正当化してあげるのが仕事

「…というわけで、
今、こんな状況になってしまいました…」

こうしてお客さんの話がひと段落すると、
占い師はこういう風に声をかけます。

「そういう結果になってしまったのは、
本当は別のところに問題があるんです」

と。

 

これは効きます。

占いに相談しに来る人は結局、
自分の弱さと向き合うのが苦手な人なのですね。

「強くなれ」とか、
「努力が足りない」

なんて言われたくない。

うまくいかない原因を自分が内包していたとしても
そこは追及せずに、
別の何かに責任転嫁して欲しい…

そこへきて、

「あなたがうまくいかない原因は
本当は別のところにあります」

なんて言われたら、
ワクワクが止まりませんよね?

この時、完全にこの相談者は
この占い師の術中に落ちています。

 

占い師としては、
あとは”ファンタジーの世界”の話に持ち込むだけです。

「それはあなたの前世がこうだったからですよ」

とか、

「相手のその人は、昔こういう経験があってこういう人だったはずだ」

とか、

「今はまだ時期が悪い。この時まで待ちなさい。
この時になったら必ずうまくいく!」

…といった風に。

その場ではきちっとした確証の取れない
”ファンタジー”の話で
お客さんの満足感を引き出してあげるのです。

「満足感を引き出す」

と言ったら聞こえがいいですが、

要は「慰め」ですね…。

スポンサードリンク


足りないのは「決断力」

占い師は、
未熟で努力の足りない(←はっきり言いすぎ?)お客さんを

逆に「正当化」してあげることで、
満足感を引き出してあげます。

でも占い師の与える満足感は
これだけにとどまりません。

大体において、
占いのもとへ相談しに来る人は、

悩んでいる風を装って、
本当は、
どうすべきか(どうしたらよいか)の
”答え”をすでに持っています。

その「背中」を押してあげるのも、
占い師の大事な仕事です。

 

話を聞いていれば、

(ああ、この人は、本当はこういう風にしたいんだな…)

ということは見えてくるものです。

そこで占い師は
あえて断言してあげるのです。

「で、あるならば、こうしなさい!」

と。

断言するのがポイントです。

 

なぜなら、

占いに依存する人は、

自分で決断する勇気がなくて、

(自分で決断すると誰のせいにもできなくて、
逃げ場がなくなってしまうから、)

第三者にそれを指示してもらいたくて、
相談に来ているのですから。

決断できるのが大人。

うまくいかないけど、
そんな自分を何とか正当化したい…

決断したいけど、
自分で責任を取りたくはない…

占いに依存してしまう人は、
このような精神的特徴があるのです。

それに対し、
ただ「慰め」を求めているのであれば、
一時しのぎには、占いはいいかも知れません。

(かつ、有り余るほどお金にも余裕があれば。)

 

ですが、
人生は1人。

生まれて来るときも1人だったはずです。

死ぬときも1人です。

自分の人生は、
自分で舵取りをしなくてはいけません。

そして、

大人とは「決断」できる人のことを言います。

自分に自信を持つ…
それは
自分を愛すること。

自分を愛することに
「勇気」はいりません。

どんな自分でも
「許し」てあげればいいのです。

 

>>業界のもっとエグい裏話を聞きたい方は
こちらの無料メルマガをどうぞ。

占い師や霊能者は単なる嘘つきで詐欺師?本当のところどうなの?

2017.03.24

宗教の勧誘はなぜしつこく、なぜうざいのか?その理由をズバリ!

2017.03.26

血液型占いが嫌いな人・苦手な人が身につけておきたい知識

2017.03.30

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です